相続について

相続についてのご相談

円滑な相続をお手伝いします

相続は人生で何度も経験するものではありません。だからこそほとんどの方が「何をしたらよいかわからない」という状態なのです。
自分に相続権があるのか?相続できるものの総計はいくらか?手放してしまった方がよいのか?など、皆様の疑問に丁寧にお答えさせていただきます。
相続が発生したらどうするべきか
相続が発生した場合、つまり被相続人が死亡した場合ですが、当然必要な手続きは多岐にわたります。とくに本人が死亡した場合、預貯金の口座が凍結されてしまいます。死亡届の提出や親族への連絡、葬儀の準備などで慌ただしくなってしまいますが、相続税の申告は死亡後10ヶ月以内ですので、できる限り早めに相談し、早めの対応を取っていきましょう。
相続できるものは
遺産相続と聞くと「お金」というイメージがありますが、それだけではありません。相続の対象となるものは、現金・預貯金・土地家屋・有価証券等多岐にわたります。また、ローンなどの内容を知らずに相続してしまうと、いきなり多額の借金を背負うというリスクもありますので、こちらも絶対に確認してください。
遺産分割協議
第一に、被相続人の資産がどれほどあるのかを正確に把握することが重要になります。また、法定相続人を特定するなど相続権を持つ相続人が何人いて、きちんと全員に連絡を取っているのか確認を行いましょう。その上で相続人同士が話し合い、遺産をどのようにすべきかを決定していきます。これを遺産分割協議と言います。
当事務所では遺産総額や相続人の数から、お客様が相続できるかなどのご相談を受けており、遺産分割協議書の作成まで責任を持って行います。

相続税に関しては税理士、土地家屋の相続登記に関しては司法書士に相談することになりますが、当事務所では信頼できる専門家を責任もって紹介させていただき、ワンストップサービスに努めております。