遺言書を残した方が良い場合 その2

query_builder 2021/10/08
ブログ

本人(被相続人)の死後、遺言がなければ基本的には財産は法定相続人が相続します。

しかし、相続割合は法律で定められていますが、簡単に割り切れない場合もあります。

例えば、土地家屋などです。


本人から見れば、家だけは配偶者に相続させたい、という思いもあるかもしれません。


また、相続人が誰もいないという場合も考えられます。その場合、財産は国庫に帰属してしまいます。


お世話になった人、または団体等に寄付したいとお考えの方もいらっしゃるでしょう。


そのような場合、遺言書を遺しておくことをお勧めします。






NEW

  • 遺言書を残した方が良い場合 その2

    query_builder 2021/10/08
  • 外国人留学生はウーバーイーツの配達員になれない?

    query_builder 2021/09/03
  • 遺言書を残した方が良い場合 その1

    query_builder 2021/08/06
  • 申請取次行政書士

    query_builder 2021/07/19
  • 食品衛生法の改正

    query_builder 2021/07/09

CATEGORY

ARCHIVE